スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

平磯で遊んだ帰りにおススメ!

連休二日目は、平磯で磯遊び。この辺りはのこぎり歯状の岩礁が連なっています。ジモティの私には、見慣れた磯なんですが、中々珍しいようです。地層の中からアンモナイトの化石も発見されたり、中世代白亜紀の地層であることが確認されているとのこと。
hiraiso_10gw.jpg
潮が引く時間に行くと、面白い遊び場です。
hiraiso_10gw2.jpg
こういう感じの場所で観察していると、磯ガニやらイソギンチャク、ヒトデやヤドカリなんかがたくさんいて、大人で飽きないものです。

この日はおにぎりを握って、潮風を感じながら食べてきました。
潮風と米とノリのハーモニーがいいんですよね。普通のおにぎりが美味しく感じます。
hiraiso_10gw_hitode.jpg
ヒトデやアメフラシもいました。
hiraiso_10gw_amehurashi.jpg
このほかカニも取ったし、バフンウニもいましたが、すべて海に帰しておきました。
ウニは禁漁ですし、カニも家に持ち帰ってきてもすぐに死んでしまうので。
経験的に分かっているので、うちの子も最近は「家に持っていく!」と泣いたりしません。

平磯で遊んだ帰りは、「大喜や」という海産物やさんがおススメです。
干物がうまい!地物のあわびなんかもありますが、自家製の干物やシラスが好きです。
この日は何種類か干物を買っていって、夜は赤魚の開きを食べました。
oogiya_okauo.jpg
普通に焼いただけですが、スーパーで買った干物との違いが私にも分かります。
まず身が厚くて、弾力があり、全体に香ばしいです。
脂もありますがくどくなく、「あ~うま」なんです。

GWに平磯で磯遊びに来た方、お土産にいかがでしょうか。
ワンクリックが励みになります!⇒関東ランキング





スポンサーサイト

テーマ:茨城県 - ジャンル:地域情報

2010.05.02 | Comments(3) | Trackback(0) | ひたちなか市

春といえば勝田パークボール

勝田パークボールは、ひたちなか人特に旧勝田市出身者には、定番の遊び場です。
那珂の友人に聞いたら、那珂からも来る人が多いそうです。
katsuta_parkbowl.jpg

昔の姿よりおしゃれな外観です。
知らない人のために説明すると、一階はゲーセン、パチンコ。
二階にはいまや数少なくなったボウリング場があります。

私の中ではパークボールは春のイメージが強いんですよね。
なぜかと考えたんですが、中学校や高校とか、まだ車に乗れない時の春休みに行った思い出が強いんでしょうね~。

高校受験が終わった後の春休み、みんなでチャリで浮かれ気分で、行くんですよねえ

最近もチャリで垢抜けない感じの高校入学直前の、男どもがズラズラのっこんでいくのを見かけました。
懐かしく見ていました。
やっぱり、パークは春だなあ

ワンクリックが励みになります!⇒関東ランキング


テーマ:茨城県 - ジャンル:地域情報

2010.03.20 | Comments(0) | Trackback(0) | ひたちなか市

ひたちなか市新光町に最大級のケーズ

朝刊を見ていたら、こんな記事が。
asahishinbun_ibaraki100227.jpg
前々から聞いた話ですが、決まったようですね。

ひたちなかの新光町というので、ファッションクルーズやジョイフル本田が隣接するあの地域ですね。
ケーズの中でも最大級のクラスということです。つくばやひたちの牛久の店舗も軍艦のような大きさですから、
あれよりでかいとなると、そりゃあすごいでしょうね。

一緒に衣料品の「サンキ」、スーパーの「サンユー」も入るみたいです。

ひたちなかの地元の私の勝手な分析ですが、昭和通りのケーズを閉めても、車では今のケーズから10分かからないので、
勝田地区の人の利便性もあまりそこなわれず、湊にはむかしあったケーズがなくなり、大洗方面にもないので、
そうした人たちも245を使ってきやすい。
東海、日立の人にも245を使えば30分圏内なので、結構人が来るのでは。


ワンクリックが励みになります!⇒関東ランキング



テーマ:茨城県 - ジャンル:地域情報

2010.02.27 | Comments(0) | Trackback(0) | ひたちなか市

まわたり食堂

森三中の黒沢さんの実家のお店です。245沿いにあり、見かけたことがある方も多いのでは。
私はこの間、初めて入りました。
mawatarisyokudou_2.jpg
マーボーラーメンを食べました。お店がなかなか魅力的で、思い出深いお店でした。
mawatarisyokudou_1.jpg

お店に入って、そしてテーブルにつくと、テーブルの上にしいてある透明な、なんていうんでしょう、学習机の上に
しいて、その下に世界地図をいれるみたいなビニールがあったんですが、長年使っているのでしょう。

がっつり、ゆがんで波打っていました。

これを、黒沢さんのお母様でしょうか、メニューを持ってきたときにしきりに直そう手でおしつけますが、
何回やっても、「ウニョ」とゆがんでしまいます。それでもまた平らにしようとするのですが、また「ウニョ」と波打っていました。
そのうち、あきらめてメニューを置いていきました。
今さらこのウニョウニョに気がついたわけはないのでしょうが、なんどもチャレンジする辺り、微笑ましかったです。

メニューを見ていると、黒澤さんのお父さんなのでしょうか。
「ランチが美味しいですよ!」と勧めてきます。私以外の客にも全員、勧めていました。
自慢の料理なのでしょう。なかなか積極的です。

結局、私はおススメに逆らってマーボーラーメンを食べました。

お母様は、声がかなり年季の入っただみ声でした。
非常に接客がしっかりされていて、こういう環境で娘さんはサービス精神を養ったんだろうなあと思いました。

ワンクリックが励みになります!⇒関東ランキング


テーマ:茨城県 - ジャンル:地域情報

2010.02.17 | Comments(2) | Trackback(0) | ひたちなか市

恐竜の石像@那珂湊

以前にも記事にしましたが、那珂湊の乾燥芋の石像
→『こんな乾燥いもは見たことない! 大丸屋@ひたちなか市

最近はここに恐竜の石像も加わって、にぎやかです。
kyouryu_sekizou_1.jpg
ほしいもを食べようとする恐竜

恐竜のアップ
kyoury_sekizou_2.jpg

別の場所には小ぶりの恐竜がふたつ
kyouryu_sekizou_3.jpg

しかし、これはいくらぐらいするんでしょう・・・・
高いんでしょうねえ。

ワンクリックが励みになります!⇒関東ランキング


テーマ:茨城県 - ジャンル:地域情報

2009.10.20 | Comments(4) | Trackback(0) | ひたちなか市

心に響く音色@オカリーナコンサート

週末は、ひたちなか市文化会館で行われたオカリーナのコンサートに行ってきました。

初めて生で聞いたオカリナは、素朴で澄んでいて、心に響く音色でした。
しんみりと楽しんでいたのですが、子どもたちがじっとしられなくなり、うるさくなってきたので「母子室」での鑑賞となりました。
小さい子どもがいる人向けに、防音が施されている「母子室」というのがあるんです。
初めて知りました。

okari-na0910.jpg

こうやっていろいろな人の演奏を聞くと、人それぞれ選曲が違うし、細かい音の出し方も違って個性が出るんだなあと思いました。
また、難しそうだなあとも思いました。

私の親友のお母さんが出演し、また妻が勤める会社の先輩でいろいろとお世話になっていることもあって、初めてこういうコンサートに行ってきたわけです。
なかなかこういうきっかけがないと、行かないものです。

オカリナはもとはイタリアのもので、オカリナというのもイタリア語らしいです。
それなのに、日本的な趣がありますよね。

年配の方が多かったんですが、こうやって打ち込める趣味があるのは素敵だなあと思いました。
緊張して演奏した後にはなんともいえない、充実感があるんでしょうね。

ワンクリックが励みになります!⇒関東ランキング




テーマ:茨城県 - ジャンル:地域情報

2009.10.19 | Comments(2) | Trackback(0) | ひたちなか市

堀口の湧水@ひたちなか市

ひたちなか市の堀口に地元の人に知られた湧水スポットがあります。
ジモティーの人でもそんなに知らないと思います。
マニアックな道をちょっと入っていったところに、ひっそりとあります。

ひたちなかから水戸に下っていく森の中にある加波山神社という神社の中。
その境内に豊富な湧水が湧き出しています。

地元の人を中心に親しまれているようで、いつ通っても誰かが水を汲みにきています。
この日も2組、私たちのほかに水を汲んでいました。
horigutino_yusui1.jpg
鳥居をくぐった先に
horigutino_yusui2.jpg
こんこんと水が出ています。
手で触れてみると、明らかに冷たいです。

家に持ち帰って、焼酎をこれで割って飲むと「うまあ~」と思います。
水に関して詳しいことは分かりませんが、気分的なもんももちろんあるんでしょうが、
贅沢な気分になります。
観光地化されていない穴場なので、興味のある方は探してみてください。


グリーンヒル
ワンクリックが励みになります!⇒関東ランキング





テーマ:茨城県 - ジャンル:地域情報

2009.08.18 | Comments(4) | Trackback(0) | ひたちなか市

勝田あかつきの湯がOPEN@ひたちなか市

先日、やすらぎの湯が勝田あかつきの湯として再オープン!という記事を書きましたが、早速、勝田あかつきの湯がオープンとなりました。
月曜日に新聞折込のチラシも入っていましたので、行ってきました。

約一ヶ月ぶりのやすらぎの湯=勝田あかつきの湯です。
ほとんど変化はありません。

チェンジした点は、
水道の蛇口は、新しいものに取り替えられました。
また、
サウナの傷んでいた箇所の木が取り替えられていました。
手のマッサージの機械がありました。
akatukinoyu_hand.jpg
シャンプー・リンスも違うものでした。
それぐらいで、後は変化なしです。
akatukinoyu_naka.jpg

サウナに入っていると、そこら辺で「やっと再開になった」「久しぶり!」という会話が交わされていました。

個人的には、それでもいいんじゃないかと思います。
とりあえずは、定期的に通っていた銭湯が再開してよかった・・と。
習慣になってしまうと、なくなって存在の大きさを感じましたねえ。


しかし!
今後、長く続けてもらうには、いろいろ工夫も必要になるでしょう。
食事やサービスなど、みなが定期的に来るための仕掛けも必要になると思います。

会社をリタイヤして、お風呂の好きなおじいちゃん・おばあちゃんは今後、ますます増えるでしょう。
うまくビジネスとして軌道に乗せて、長く続けてほしいものです。

グリーンヒル
ワンクリックが励みになります!⇒関東ランキング







テーマ:茨城県 - ジャンル:地域情報

2009.08.05 | Comments(7) | Trackback(0) | ひたちなか市

2009 茨城の天然カブトムシ

コメントで質問ももらったので、今年の我が家のカブトムシの状況を報告します。

カブトムシは、野生のものを捕まえるのは茨城でも、雑木林で捕獲するのは、簡単ではないと思います。
雑木林はたくさんあっても、クヌギかブナの、しかも樹液が出てないと、カブトムシは来ません。そういった気をすぐに見つけるのは難しいです。
先週末は、那珂市の県民の森に行ってきました。
虫かごに虫取り網、虫除けスプレー、ムヒ、飲みものをもって勇んで出かけたのですが、一匹も取れませんでした。
kenminnomori_090801.jpg
この自然の中に、必ず野生のカブトムシがいるはずなのですが・・・・

ねらいはクヌギの木
kenminnomori_kunugi.jpg
目を凝らすと、結構、クヌギはあります。
でも、クヌギがあればいいというものではありません。
樹液が出たやつじゃないと。

一時間ぐらい歩いたところ、樹液の出たクヌギがちらほらあります。

しかし・・
カナブンやアブや蛾などがたかっているのですが、カブトムシやクワガタはいませんでした。
木の根元を掘っても、このい日は収穫なし。
やっぱり、夜や早朝じゃないと難しいんでしょうか。

私が小学生のころは、県民の森で10匹以上、カブトムシを採ったこともありました。
やっぱり、とれるポイントを抑えておかないと難しいようです。


【“2009 茨城の天然カブトムシ”の続きを読む】

テーマ:茨城県 - ジャンル:地域情報

2009.08.02 | Comments(4) | Trackback(0) | ひたちなか市

閉館した「やすらぎの湯(勝田館)」が、違う名前で再オープンする!@ひたちなか市

先月末で閉館してしまった、スーパー銭湯『やすらぎの湯』(勝田館)。
私はここのファンで、最近は週に一度は行っていました。
寂しい思いをしていたのですが、名称を変えて再オープンするようです!上

実は噂では聞いていたんですが、「本当かなあ」と思っていました。
うちの親父も、「違うオーナーで、また始まるらしい」と言っていたのですが、家族からは「本当に?」と、
半信半疑でした。

でも、また始まるといいなあ・・とは思っていたところ、
日曜の新聞折込の求人広告で発見!
katsuta_akatukino_yu_koukoku090714.jpg
募集をかけているぐらいですから、これは間違いないでしょう。


【“閉館した「やすらぎの湯(勝田館)」が、違う名前で再オープンする!@ひたちなか市”の続きを読む】

テーマ:茨城県 - ジャンル:地域情報

2009.07.14 | Comments(5) | Trackback(0) | ひたちなか市

«  | HOME |  »

関東blogランキングに参加中!

↑その「ポチっ」が励みです!
関東ランキング

FC2カウンター

プロフィール

グリーンヒル

Author:グリーンヒル
【グリーンヒル】
勝田出身→大阪→ひたちなかのアラウンド35。二児のパパ。仕事に育児にてんやわんや。高校時代はハードロックバンドでギターを担当。茨城はもちろんラーメン、サッカー、競馬も大好き。自然や寺などにも興味を持ち始め、急激におっさん化が進む。

最近の記事+コメント

タグリスト

水戸納豆 松井秀喜 井川慶 ヤンキース おおきや 茨城空港 つくば市 暖宝 茨城弁 とんこつ家 星丸の動画 とら こだわりたまご 肉のオオクラ ユニー 交通公園 たこ焼き 阿波家 三色丼 ロックシティ水戸南 昇魂式 ギネス 大宝、暖宝 高級イチゴ マイナー降格 つけ麺 スクランブル交差点、サントピア おかめ納豆 青柳公設市場 ことぶきや 麺工房じゃん ビーバップハイスクール うまい棒 香文 ピアポート、プリメーロ つけけんちんそば 結城紬 くま笹うどん ロックシティ守谷、ロックシティ水戸南 日立製作所水戸事業所、さつき祭り 県民の森 麺や亮 水府橋 水戸浪士の毛塚 浜田屋 ゆでたまご フルーチェ、カルピス ラーメン、らーめん、まぐろ、水戸 武石書店、勝田、橋本文具、悪魔城ドラキュラ、魔界村 寺尾聰 ロック、シティ、茨城、町 3歳、似顔絵 がんこや 水戸市、さくら、さくら通り 科学万博、つくば、'85、結城、結城紬、50号バイパス 幼稚園、発表会 ショパン、ピアノ 万博 イルミネーション ガンプラ つくば 正月、2007、お餅 ラーメン、つくば つけ麺、つくば市 エクシオールカフェ かるがん らーめん ザ・ベストテン、ザ・トップテン 石岡、たんぽぽ バカリズム、トツギーノ、ムーディ勝山、華麗なる一族 大洗 水戸黄門、枝垂桜 魔肖ネロ さくら通り、笠原 はま寿司 塩らうめん つけ麺、ひたちなか市 休日、こども ろっこく 千代田 星丸、万博、つくば市 相武 欽ドン、月9、イモ欽トリオ 紗季、湊線 鳥獣センター 納豆パン つくば市、TX ひたちなか海浜鉄道 牛久大仏 小川芋銭 カルチャークラブ、80'S ニンテンドーDS、ラブアンドベリー JAPAN IN 長渕、とんぼ、最終回、長渕キック、Vシネ、哀川翔 偕楽園 高菜 登喜和 ラレコ 渡辺けんいち なるほど!ザ・ワールド ノロウィルス 予想GUY 美野里PA 特攻野郎Aチーム、カルチャークラブ MR.BIG、常陽銀行、罰金 ROCK 禁煙 カブトムシ 清水寺 仲村トオル 結城政勝 清原 エレファントカシマシ ドラゴンボール グリコ・森永事件 アクアワールド 常陸野ネストビール いろり豆 中華そば 天狗党 鈴木隆行 ザック・ワイルド 大洗サンビーチ グーニーズ サザコーヒー くら寿司 磯前神社 笠松運動公園・水の広場 常総学院 太閤 花貫渓谷 焼チキン 拉麺工房 水戸中核工業団地 馬インフルエンザ  穂積家住宅 麺屋いろは すずなり 水郡線 新型インフルエンザ 『すがや』のカニピラフ ラーメン缶 取手二校 いずみや スシロー ひまわりフェスティバル シャイニー 一乗院 観成 悪質なチェーンメール 味噌カステラ 黒澤醤油店 鵜の岬 ワングー 水戸公設地方卸売市場 かつたのこら 徳川光圀 喜元門 泉が森 勝田車両センター カプセルコーポレーション サンマーメン 田舎そば い賓閣 那珂湊反射炉跡 プラトーさとみ ロックシティ守谷 

Googleニュース

Loading...

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。